勉強会

2017年01月12日

昨日は、インプラントセンター・九州 定例研修会に行ってきました。

九州大学准教授 松下恭之先生 による 「生体材料としてのアバットメントを検証する」という演題の御講演。

様々な材料が開発されている中で、現在どの材料が最適なのか?

それぞれの材料の特徴や使用時の注意点など、色々な研究から先生のご意見を聞かせていただきました。

簡単に言えば、インプラントにつなぐ土台の部分にはどの材料が適しているのか?ということです。

チタン?ジルコニア?

それぞれ長所・短所があり選択は難しい。

だが、様々な観点からそれぞれの患者様に最適な物(医療)を提供できるよう、研鑽に励みたいと思います。DSCN1511

 

 

カテゴリー: 院長ブログ